Close
「vol.11 友遊露西亜」より

About Us

弁天百暇堂

<弁天百暇堂>は、“音楽仲間といっしょに、様々な編成のアンサンブルにチャレンジする「場」”として、2003年にスタートした「寄せ集め」プロジェクトです。
ある週末限定ヴィオラ弾き(首謀者)の呼びかけにより、アマチュアオーケストラ団員をはじめ、大学や職場の同僚・後輩、家族など、多くの音楽愛好家が参加しています。

2004年3月に私的な立ち上げ公演を、そして満を持して(?)2005年11月に公式デビュー演奏会を、以降は無理のないペースで演奏会を開催しています。
<弁天>とはご存知、音楽・弁説・才智の神として崇敬されている弁財天のこと。また<百暇堂>には、何でも売ってる百貨店に因んで、いろいろな編成の曲にチャレンジできる場、そしてアマチュア演奏家(=ヒマ人)の集う場、という意味をひっかけています。

弁天百暇堂

Prev Next
これまでの演奏会

vol.3 巴里之楽舎
ぱりのがくしゃ

芸術の都に集う才能。

軽い、感覚的、色彩感、茫洋とした、屈折してる…フランス音楽って、ホントにそうなのかな? 首謀者としては、一般的なイメージよりもずっと理知的で、パワフルで、人の気持ちに正直な音楽だと思っているけれど。いや、ただ単に大好きだから、「フランスものなんて…」てな意見には反論したくなるのです。
今回は、19~20世紀にパリで活躍した4人の作品をご紹介。プレイエルのピアノの響きとともに、ひと括りにできないフランス音楽の魅力を感じてもらえたらうれしいな。

Concert Information

2011.2.6(SUN)
at 荻窪・かん芸館

Program

  1. サン=サーンス:七重奏曲 変ホ長調 op.65
  2. ドビュッシー:小組曲
  3. フランク:ソナタ イ長調より第1、4楽章
    [トロンボーン&ピアノ]
  4. フォーレ:ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調 op.15

Members

piano:
姉川雄大(2,4) 河内正信(3) 日暮みぎわ(2) 古市葉子(1)
trumpet:
鳥海直子(1)
trombone:
三次亮(3)
violin:
切畠瑤子(4) 菅又佳子(1) 安武小織(1)
viola:
前田恵里(1,4)
violoncello:
古市慎太郎(1,4)
contrabass:
一村智恵子(1)
vol.3フライヤー